So-net無料ブログ作成

終戦とその後の日本に思う事(1) [歴史]

こないだこのブログでいろいろ異常が起きたので

更新できるか確認も含め、書きます。




(玉音放送)

朕深ク世界ノ大勢ト帝國ノ現状トニ鑑ミ非常ノ措置ヲ以テ時局ヲ收拾セムト欲シ茲ニ忠良ナル爾臣民ニ告ク
朕ハ帝國政府ヲシテ米英支蘇四國ニ對シ其ノ共同宣言ヲ受諾スル旨通告セシメタリ

抑ゝ帝國臣民ノ康寧ヲ圖リ萬邦共榮ノ樂ヲ偕ニスルハ皇祖皇宗ノ遺範ニシテ朕ノ拳々措カサル所
曩ニ米英二國ニ宣戰セル所以モ亦實ニ帝國ノ自存ト東亞ノ安定トヲ庶幾スルニ出テ他國ノ主權ヲ排シ領土ヲ侵スカ如キハ固ヨリ朕カ志ニアラス
然ルニ交戰已ニ四歳ヲ閲シ朕カ陸海將兵ノ勇戰朕カ百僚有司ノ勵精朕カ一億衆庶ノ奉公各ゝ最善ヲ盡セルニ拘ラス戰局必スシモ好轉セス世界ノ大勢亦我ニ利アラス
加之敵ハ新ニ殘虐ナル爆彈ヲ使用シテ頻ニ無辜ヲ殺傷シ慘害ノ及フ所眞ニ測ルヘカラサルニ至ル
而モ尚交戰ヲ繼續セムカ終ニ我カ民族ノ滅亡ヲ招來スルノミナラス延テ人類ノ文明ヲモ破却スヘシ
斯ノ如クムハ朕何ヲ以テカ億兆ノ赤子ヲ保シ皇祖皇宗ノ神靈ニ謝セムヤ
是レ朕カ帝國政府ヲシテ共同宣言ニ應セシムルニ至レル所以ナリ
朕ハ帝國ト共ニ終始東亞ノ解放ニ協力セル諸盟邦ニ對シ遺憾ノ意ヲ表セサルヲ得ス
帝國臣民ニシテ戰陣ニ死シ職域ニ殉シ非命ニ斃レタル者及其ノ遺族ニ想ヲ致セハ五内爲ニ裂ク
且戰傷ヲ負ヒ災禍ヲ蒙リ家業ヲ失ヒタル者ノ厚生ニ至リテハ朕ノ深ク軫念スル所ナリ
惟フニ今後帝國ノ受クヘキ苦難ハ固ヨリ尋常ニアラス
爾臣民ノ衷情モ朕善ク之ヲ知ル然レトモ朕ハ時運ノ趨ク所堪ヘ難キヲ堪ヘ忍ヒ難キヲ忍ヒ以テ萬世ノ爲ニ太平ヲ開カムト欲ス
朕ハ茲ニ國體ヲ護持シ得テ忠良ナル爾臣民ノ赤誠ニ信倚シ常ニ爾臣民ト共ニ在リ
若シ夫レ情ノ激スル所濫ニ事端ヲ滋クシ或ハ同胞排擠互ニ時局ヲ亂リ爲ニ大道ヲ誤リ信義ヲ世界ニ失フカ如キハ朕最モ之ヲ戒ム
宜シク擧國一家子孫相傳ヘ確ク神州ノ不滅ヲ信シ任重クシテ道遠キヲ念ヒ總力ヲ將來ノ建設ニ傾ケ道義ヲ篤クシ志操ヲ鞏クシ誓テ國體ノ精華ヲ發揚シ世界ノ進運ニ後レサラムコトヲ期スヘシ
爾臣民其レ克ク朕カ意ヲ體セヨ



当時生きていた私の祖母は、これを聞いて、

「涙が止まらなかった、皆、そうであった」

と私が子供の頃、言っていました。

これについて、なんと表現してよいか

非常に迷います。

考えがもう少しまとまったら書きます。

戦争に至る経緯なども、またいずれ書きます。

しかしまあ、あの焼野原から、

ここまでの国を作った先人達には

感謝という言葉しかありません。

続きはまた次回。

現在このブログに、コメントを記入すると、IMEが無効になります。人のパソコンを、ここにコメントしたりしたら壊すというのは、So-netにおける犯罪だと思うのですが(So-netがこういう事をするメリット無いはずですが)、とりあえず読むだけにしておいてください。よりによって、昭和天皇の玉音を載せているこの記事を見て、そのような事をするとは!

改めていただければ、この赤文字は消しますが。



どうも、So-netさんの責任ではないのでは?という声が多いようです。頑張れ!So-net、負けるな!So-net
タグ:歴史
nice!(86)  コメント(11) 
共通テーマ:blog

TBS [歴史]

ネット環境にあるみなさんなら、これから私が書くこと、
ある程度、わかるはず。

今日はなぜ、TBSが在日に乗っ取られてしまったかを述べる。

1960年代、アナウンサーが朝鮮民主主義共和国を北朝鮮と間違って言ってしまった。
それを朝鮮総連はTBSに激しく抗議。
TBSの幹部達に凄まじい脅迫行為を行い、
和解案として、TBSに在日採用枠をもうけることで和解。

1970年代、お人よしの日本人に、
在日も日本人と同じように昇進すべきという風潮できる。
このとき在日は表面上帰化し、どんどん採用される。
結果、日本人が番組制作からどんどん離され、営業などの方向においやられていく。

1980年代、昇進した在日は決定的な主要ポストを独占する。
幹部に昇進した在日が次々と在日を採用し続け、さらに、
在日の筑紫哲也などが人気を博してしまう。、
ほぼ試験なしで採用する行為が続き、しかも、
同じく在日の土井たか子率いる社会党を激しく援護。

1990年代、ついに正体をあらわす。反日報道、
日帝時代の韓国人に迫害(デマ)、
あらゆる偏向報道を開始。

以後、正しい世論が報道されなくなり、
未だに偏向報道を続行している。

知っていた方、どのぐらいいますか?

まあ、一部のバラエティーはとても面白いですけどね。
(水戸黄門、なんでやめたんだよ!)

ただ、日本人はもっと怒るべき。

私の言う事を疑わしいと思うならば、

YouTubeでTBSと検索すれば良い。

少なくとも、偏向報道ぶりは分かるはず。

少し、niceのみを連打させていただきます。

知りたいのです。真実の民意を。

いち日本人としても、皇族の血を引いている者としても。

終わります。

いいかげんに気づいたらどうですか?(1)自虐史観の間違い [歴史]

私、いままで穏便に書いてきたと思います。

時代の背景とともに。

しかしながら、共感してくれるのは、

本当に少ない。

なんだ、この方達以外の寝ぼけた日本人は。

この国の危機、まるでわかっていない!

自分の子や孫が殺されるまで、どうやら分からないらしい。

敢えて言う。

無知蒙昧であると。

自分は知識人だと言うばかりで、nice!を押して意見を言わない馬鹿が

多すぎ。

それが教養ある意見なのかね?

確かに、事を荒立ててよいときと、様子をみるときはあるが、

もう違うのでは?

中庸でよいときとそうではならないときの、

困難な分別というものがまるで分かっていない。

そのような者ばかりでは、日本は滅ぶ。

以上。

自虐史観、もうやめませんかー(3) [歴史]

またまた久しい更新であります。

私はこのタイトル、しばし、変えるつもりはありません。

ただね、仕事が忙しくてなかなか記事、書けません。

では・・

やらせてもらいますが、少々途中からで。

かつての戦争において、またはそれ以前から

日本は東南アジアを一時占領しました。

てか、欧米列強をアジアから追い出しただけ。

それに至ったのも、欧米による経済的な封鎖などによるものからであり、

我々の国、日本は、欧米とは異なる占領をしたのである。

欧米の占領は、とにかく資源略奪と労働力のみであり、

占領した国の国民には、利益も、学ぶ自由も、知識も・・・

ことごとく与えず使うのみ。

では、日本はどのような占領を?




まあ、今日はここまで。

ちなみに、私、病院長になりまいた。

で、また、ちなみに、病院で

「日本の近代史、かんがえようか会」作り、

やってます。

私が何をやりたいのかは、

{老兵達}(医師)

には瞬時に分かったようですが、

若い医師(私もまだ40代前半ギリギリ)

は、近代医学の歴史と思っていたようでした。

生徒というか、医師達があつまり、

もちろん年長者もね。

私は言いました。

「今日は戦争についての事に関して話してみたいと思います」

「えーと、あれ、なんだっけ?あれあれ、原爆落とされた戦争?」

と私、言いました。

普段とは思えぬ教養の無さに怯えてしまったのか、

若い医師の一人が

「院長、それは太平洋戦争、もしくは第二次大戦でしょ?」

「それより、院長、お加減でもわるいのでは?」

私は、こんな若い者ですらこんな解釈であるのかと落胆を覚えつつ、

「太平洋戦争?聞いたことないな。大東亜戦争なら知ってるが」

と私が言うと、

その若い医師は、

「院長、ちょっとまじでお具合悪いのでは?」

「おい、みんな、院長、脳の障害の恐れも否定できないかもや、

ただちに院長を検査へー」

彼は必死で汗かいて。

私、ちょい笑ってしまったんですね、

老兵達も。

でも、その若い医師は必死だったのいういう十分に分かるし・・・

そもそも人間として、心が綺麗なので目にかけてた子。

これも、続き、今度にします。



わかる人には気持ち悪くない話になるではなかろうかと。

ちなみに私は右翼でも左翼でもないよ?

普通のおっさんですよ。

今、日本人が自虐史観捨てても、もう何もしないです。

自国の為に侵略を?

しないでしょ、独裁政権のような国はありますが、

植民地となってるような国はもうほぼ無い。

欧米が植民地というものを手放して、一体何年経っておると?

我々の先人達が目指したのは現在の今の秩序のようなものに

近い、まあ、ほぼです。

では語る必要ないだろうと思うかという部分ね、

必要はあります。

自虐史観により、この国が搾取されてるからです。

佐三はよくて、私じゃだめかもですが・・・

自虐史観が無い人から見れば、

第三国の反日や歴史捏造なども、

その国において必要悪と思えるものかもです。

その国は過渡期でしょう。

和する日、待ちましょう。

急ぐ必要はないような、、です。

ただし、

だめなことはダメ!と言えるよう・・・、

(少し外れるかもですが、

自画自賛のテレビ番組は、私はきらいです。)

ちゃんと頭を整理しておく必要がある。

ちなみに私、数か月の休みを取りました。

目的はこの国のやり方、やり直しです。

ではまた。
nice!(19)  コメント(16)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

自虐史観、もうやめませんかー(1) [歴史]

 太平洋戦争は日本が悪かった?

私も小学校のとき、教師にそう教えられました。

日本の侵略戦争であったと・・・。

その教えが間違いであったということは、

海外へ、医師として行ってるときに知りました。

私は、パラオへ、医師として指導に行ったんです。

いろんな国籍の医師がいる中で、

パラオの人達は、私が日本人であるということで、

特別視しました。

なんともすごい待遇だったんです。

もちろんいい意味でですよ。

よくわからないまま、医師として指導、治療していたのですが、

あるとき、老婆の患者さんが、

「あなたはひょっとして日本人ですか?」

と、日本語で話しかけてきたのです。

私は、

「そうですが」

と、言いました。

すると老婆は、目に涙をためて、

「ああ、ありがたい。また日本人に会えるとは。」

こう言ったんです。

老婆は、私の言葉をさえぎるように言いました。

「あなたたちへの恩は計り知れません。日本の統治のときはは本当に幸せでした、私たちは」

と。

私は意味が分かりませんでした。

なぜ、かつての日本の占領をありがたいと言うのかを、です。

老婆は、

「またこのパラオのために来てくれたのですね、ありがとう、ありがとう」

と、涙を流して日本語で言うのです。

日本語を話すこと自体、私は驚いていたのですが、

「ありがとう」の意味が分かりませんでした。

で、私はその夜、徹底的に、

パラオと日本の関係、特に太平洋戦争の時のころを

パソコンで調べました。

正直、驚きました!

大東亜戦争の真実を、です!

太平洋戦争とは言わず、

私は、大東亜戦争と言っております。

この意味、分かりますか?

続けます。

私は真実の一部を知り、

あの老婆に聞きたい事が山ほどあって、

カルテを見て、老婆の住所を知り、

家に訪ねました。(これ、今の日本では個人情報保護法違反になるのであしからず)

私は、老婆の家のドアをたたきました。

日本を好きであった老婆の為に日本の着物を持って。

・・・長くなるので、「続く」。

コメント次第で、続けるかどうか決めます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。